ソニー、偏光素子内蔵の「新型CMOSセンサー」を発表


ソニーは、偏光素子を内蔵した「新型CMOSセンサー」を発表しました。

ソニーの新型CMOSセンサー、偏光素子を内蔵 - 日経テクノロジーオンライン
  • ソニーは、IEDM 2016で「新型CMOSセンサー」を発表した
  • 新しい裏面照射型CMOSセンサー(BSI)で、偏光素子を配置
  • 偏光カメラは監視カメラや3次元計測が主な用途だが、今回の新型センサーは新たな用途にも使用できる可能性がある
  • ゴーストを抑制し、偏光素子の映り込みを大幅に抑制
  • 従来よりも小型で安価な偏光カメラを実現

すでに320万画素の試作品があるようで、記事ではカラーサンプル映像が確認できます。民生用のカメラに搭載されるものではないと思いますが、ソニーは積層型CMOSセンサーなど独自で高性能なセンサーを開発しているのでさらに進化した次世代のセンサーが登場するかもしれませんね。
URL:320万画素品を試作:ソニーの新型CMOSセンサー、偏光素子を内蔵
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

新型CMOSセンサー

偏光素子

裏面照射型CMOSセンサー

デジタル一眼 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する