EXILIM EX-FRシリーズ(FR10、FR100、FR200、FR110H)の違い


EXILIM EX-FRシリーズ(FR10、FR100、FR200、FR110H)の違いについて比較しました。

EXILIM EX-FRシリーズは、カシオが発売しているカメラとコントローラーを分離できるアウトドアレコーダーです。2014年9月12日に初代の「EX-FR10」が発売されてから、「EX-FR100」、「EX-FR200」が発売され、2016年12月9日に発表される最新の「EX-FR110H」で計4つのカメラが発売されています。

正面 EXILIM EX-FRシリーズ(FR10、FR100、FR200、FR110H)
正面 EXILIM EX-FRシリーズ(FR10、FR100、FR200、FR110H)

カメラの違い
  • 2014年9月12日に初代の「EX-FR10」が発売されます。「EX-FR10」は今までのアクションカメラやタフネスカメラとは異なる、新しい撮り方を創造するフリースタイルカメラとして発表されました。最大の特徴はカメラ部とコントローラー部を簡単に分離することができるセパレート型デジタルカメラ構造で、Bluetooth接続することで離れた場所に置いたカメラ部の映像をコントローラー部のモニターで確認しながら無線通信で遠隔操作して撮影することができます。インターバル撮影も「EX-FRシリーズ」の大きな特徴で、一度設定すればカメラ任せで静止画や動画を撮影するので撮影者が操作する必要はありません。「EX-FRシリーズ」は全ての機種が防塵 · 防水・耐衝撃のタフネス仕様になっています。
  • 2015年12月11日には「EX-FR10」の上位モデルの「EX-FR100」が発売されました。「EX-FR100」から「EX-FRシリーズ」はアウトドアアクティビティを重視するエクシリムの新ジャンル「Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)」として展開されます。レンズは21mm相当から16mm相当の超広角レンズになり、画質が向上しています。ハンズフリーで撮影できるインターバル撮影機能は「インテリジェントインターバル」が追加されたことで、ブレや傾きを判別して失敗の少ない画像を自動的に選んで残すことができるようになりました。撮影したものから本格的なムービーコンテンツを自動で作成できる「ハイライトムービー」も進化しています。「エクシリム オートトランスファー」を利用すると撮影した画像をスマートフォンに自動転送することが可能です。より撮影者がカメラを操作することなく撮影できるカメラとして進化しました。
  • 2016年9月16日には「EX-FR200」が発売されます。ワンシャッターで180度の全天周映像を撮影できるカメラで、「EX-FR10」や「EX-FR100」とは異なる「EX-FRシリーズ」の派生モデルと言えるかもしれません。「EX-FR100」よりさらに広角の13.4mm相当円周魚眼レンズが搭載され、空間180度を写す全天周撮影、360度のパノラマ撮影、対角208度の超広角撮影が可能です。撮影した静止画や動画はスマートフォンアプリの「EXILIM ALBUM」で表示して楽しむことができます。「EX-FR200」と「EX-FR100」のカメラ部のみも発売されるようになり、1つのコントローラー部で2つのカメラ部を操作してり、「EX-FR100」のカメラ部はコントローラー部なしでスマートフォンから操作することもできます。
  • 2016年12月9日には最新の「EX-FR110H」が発売されます。「EX-FR200」に続く「EX-FRシリーズ」の派生モデルと思われる機種で、画素数を大幅に少なくすることで暗がりのアウトドアでも明るい写真が撮影できるカメラです。「EX-FR100」は1020万画素の裏面照射型1/2.3型CMOSセンサーが搭載されていたのに対し、「EX-FR110H」は190万画素の裏面照射型1/2.8型CMOSセンサーが搭載されています。レンズは16mm相当から20mm相当の超広角レンズになりました。洞窟探検、ナイトサファリ、ナイトハイク、キャンプなどの暗所でのアウトドア撮影に適したカメラです。

どれが買いか?
  • 通常撮影の場合は「EX-FR10」か「EX-FR100」、180°撮影や超広角撮影がしたい場合は「EX-FR200」、夜間や暗がりで撮影する場合は「EX-FR110H」がオススメです。「EXILIM EX-FRシリーズ」はカメラごとに用途が明確に分かれているのであまり悩むことはないと思います。「EX-FR10」と「EX-FR100」では、センサー・画像処理エンジン・レンズ・液晶モニター・インターバル撮影機能など基本的な「EXILIM EX-FRシリーズ」にとっての重要機能が一新され、自動画像転送機能「エクシリム オートトランスファー」が搭載された「EX-FR100」のほうがオススメです。「EX-FR200」は「EX-FR100」と組み合わせても使用できるので、「EX-FR100」を購入した後で「EX-FR100」のカメラ部のみ(EX-FR100CA)を購入したり、その逆の購入方法もいいと思います。「EX-FR110H」は非常にユニークで、1/2.8型センサーで190万画素と高感度性能のために思い切った画素数になったカメラです。静止画では2M(1920x1080)、動画はフルHD 30pと充分な撮影ができるので洞窟探検など暗がりでタフネスカメラが必要な場合にオススメです。





製品名カシオ EX-FR10カシオ EX-FR100カシオ EX-FR200カシオ EX-FR110H
発売日2014年09月19日2015年12月11日2016年09月16日2016年12月09日
価格22,000円35,000円47,000円54,000円
シリーズEXILIM(エクシリム) EX-FRシリーズ
センサー1/2.3型(CMOS 裏面照射型)1/2.8型(CMOS 裏面照射型)
画像処理エンジンEXILIM エンジン HS ver.3EXILIMエンジン HS ver.3
総画素数1676万画素1276万画素2114万画素216万画素
有効画素数1400万画素1020万画素1195万画素190万画素
最大記憶画素数4320×3240px4000×3000px3888×3888px1920×1080px
ISO80~3200400~51200
焦点距離(35mm判換算)21mm16mm13.4mm20mm
焦点距離3.8mm2.87mm1.35mm2.87mm
最短撮影距離10cm3cm40cm3cm
絞り値F/2.8
デジタルズーム4倍2倍
連写30コマ/秒
モニター2インチ (23.04万ドット)3インチ (92.16万ドット)
電子シャッターCMOS電子シャッター
セルフタイマー5秒
USB給電
撮影枚数255枚235枚260枚290枚
RAW
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画フルHD (1920×1080) 30p4K (3840×2160) 30pフルHD (1920×1080) 30p
ハイフレームレート240fps
ファイル形式MOV
映像圧縮方式H.264/AVC準拠
音声記録方式IMA-ADPCM音声(モノラル)IMA-ADPCM音声(ステレオ)IMA-ADPCM音声(モノラル)
手ぶれ補正動画手ブレ補正
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様
タッチパネル
顔認識
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
SDカードmicroSDXC
60.9mm
高さ153.1mm154.8mm
奥行き34.2mm38.7mm46.2mm38.7mm
重量173g214g238g214g
バッテリー内蔵
インターフェイスマイクロUSB2.0


EXILIM EX-FRシリーズ

EX-FR10

EX-FR100

EX-FR200

EX-FR110H

違い

交換レンズ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する