【Photoshop】「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法


【Photoshop】「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法

Adobe Photoshopで「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

「白飛び」とはその部分のデータが真っ白でRGBデータがない状態のことです。「黒潰れ(黒飛び)」はその逆で真っ黒な部分のことをいいます。「白飛び・黒潰れ」の部分は階調が失われてRGBデータがないので、その箇所を画像編集ソフトなどで後から明るくしたり黒くしたりすることはできません。そのため、「白飛び・黒潰れ」の箇所はなるべくないほうが好まれます。

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は、RAWファイルを開く際の「Camera Raw」画面で「白飛び・黒潰れ」の箇所を確認することができます。RAWファイルはJPEGファイルより多くのデータを持っているので、JPEGファイルでは「白飛び・黒潰れ」を補正できない場合にも、RAW現像時には「白飛び・黒潰れ」の箇所を補正できる可能性が高まります。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

RAWファイルをダブルクリックしたり、フォトショップにドラッグ・アンド・ドロップすると以下の「Camera Raw」画面が開きます。
「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法 1

まずは「白飛び」を確認します。右上にある「ヒストグラム」の「△(ハイライトクリッピング警告)」マークをクリックすると、その周りが白枠で囲まれます。写真画面には「白飛び」した箇所が赤色で表示されます。
「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法 2

次は反対側にある「△(シャドウクリッピング警告)」マークをクリックします。「黒潰れ」の箇所が青色で表示されます。
「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法 3

「白飛び」と「黒潰れ」は同時表示が可能です。「白飛び」の場合は、「ハイライト」や「白レベル」などのバーを左上に動かします。「黒潰れ」の場合は、「シャドウ」や「黒レベル」などのバーを右側に動かします。
「Camera Raw」で白飛び・黒潰れを確認する方法 4

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

白飛び・黒潰れ

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する