カシオ、最大ISO51200「アウトドアレコーダー EX-FR110H」を12月9日に発売


カシオは、最大ISO51200に対応した「アウトドアレコーダー EX-FR110H」を12月9日に発売すると発表しました。

暗がりのアウトドアでも明るく撮れる高感度のデジタルカメラ
  • カシオは、「EX-FR110H」を発売する
  • カメラ部と液晶画面付きのコントローラー部を分離できる「Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)」の新製品
  • 190万画素の1/2.8型CMOS(裏面照射型)センサーを搭載
  • ノイズを抑える専用の回路を新規に設計し、「EXILIMエンジン HS ver.3」による画質の最適化
  • 最大ISO51200の高感度性能を実現し、暗がりでも明るい写真が撮影可能
  • 広角20mm相当のレンズを搭載
  • 耐衝撃/耐低温/防水/防塵性能のタフネス性能を実現
  • 専用アプリ「EXILIM Connect」によりBluetoothでスマートフォンを常時接続
  • 価格は5万5,000円前後

2015年12月11日に発売された「EX-FR100」は1020万画素の1/2.3型正方画素CMOSセンサーに、16mm相当のレンズが搭載されています。センサーサイズを小さく裏面照射型センサーにしたことで高感度性能が向上し、レンズの広角域を抑えたモデルのようです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Outdoor Recorder EX-FR110H

交換レンズ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する