富士フイルム、「FUJIFILM X-T2」の最新ファームウェアVer.1.10を11月29日に公開


富士フイルムは、「FUJIFILM X-T2」の最新ファームウェアVer.1.10を11月29日に公開しました。

X-T2のファームウエアの更新:概要 | 富士フイルム
  • 富士フイルムは、「FUJIFILM X-T2」の最新ファームウェアVer.1.10を公開した
  • USB接続によるPC撮影(テザー撮影)機能に対応
  • カメラの操作系を個別にロックする機能を追加
  • 「レリーズ半押しAE:OFF/ISOAUTO/絞り優先」設定のときにプレビュー画像でシャッター速度を表示させるようになる
  • 「AF-Cモード/AF-Cフォーカス優先/顔検出ON」設定で撮影したときに露出オーバーになる現象を改善
  • 「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」レンズを装着した際に望遠側でAFが合焦し難い現象を改善
  • セットアップメニューの接続設定>PC保存先設定>手動設定>無線LANルーター選択を実行した際に、カメラがハングアップすることがある現象を改善
  • 富士フイルム製クリップオンフラッシュ(EF-X8を除く)を装着して連写CH、フラッシュMモードに設定して撮影した際に高速連写にならない問題を改善
  • 「Nissin製ストロボi40(富士フイルム用)」でフラッシュが発光しない問題を改善

「FUJIFILM X-T2」以外にも「PC撮影専用ソフトウエア HS-V5」や「テザー撮影プラグイン」の更新が公開されています。詳しくはURLをご確認下さい。
URL:PC撮影専用ソフトウエア HS-V5 for Windows® Ver.1.3アップデートソフトウエア
URL:テザー撮影プラグイン for Adobe® Photoshop® Lightroom® Ver.1.3インストーラー自動解凍ソフト

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

FUJIFILM X-T2

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する