リコー、「K-3」「K-50」の最新ファームウェアを11月24日に公開


リコーは、「K-3」と「K-50」の最新ファームウェアを11月24日に公開しました。

PENTAX Firmware Update Software for K-3|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING
PENTAX Firmware Update Software for K-50|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING
  • リコーは、「K-3」と「K-50」の最新ファームウェアを公開した
  • 「K-3」はバージョン1.30、「K-50」はバージョン1.10
  • 電磁絞りを搭載する「KAF4マウントレンズ」に対応
    ファームウェアアップデートにより、新レンズ「HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」での安定した撮影が可能となる
  • 全体的な動作の安定性を向上

どちらも同じ内容のファームウェア更新内容になります。「PENTAX K-3」は2435万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したリコーのペンタックスブランドのデジタル一眼レフカメラです。ローパスセレクターを搭載しています。価格は9万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

K-3

K-50

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する