【Photoshop】「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い


【Photoshop】「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い

Adobe Photoshopの「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違いについて掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には、「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」という画像を部分的に暗くしたり明るくしたりするツールがあります。「覆い焼きツール」は画像を部分的に明るくし、「焼き込みツール」は反対に暗くすることができます。画像の合わせて変更してくれるので、簡単かつ正確に部分的に色を変更することができます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

お寿司のイクラを明るくしたり、暗くしたりします。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 1

まずツールから「覆い焼きツール」を選択します。「ツール」が表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「ツール」で表示させることができます。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 2

「覆い焼きツール」や「焼き込みツール」を選択すると、左上の上部に以下のような表示が出ます。
左側は「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」のブラシサイズや形状を変更するオプションです。
「範囲」は、暗い領域を変更する「シャドウ」、グレーの中間範囲を変更する「中間調」、明るい領域を変更する「ハイライト」から選択できます。通常は「中間調」で大丈夫だと思います。
「発光量」は、色を変更する強さを指定できます。数字が大きくなるにつれて色を大きく変更できるようになります。まずは「50%」で問題ないと思います。
右側には「エアブラシスタイルの効果を使用」「トーンを保護」「筆圧調整」が並んでいますが、「トーンを保護」はチェックを入れておいたほうがいいと思います。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 3

以下が「覆い焼きツール」を使用したビフォー・アフターのGif画像です。イクラだけ明るくなりました。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 4

次は「焼き込みツール」を使用します。同様にイクラだけをブラシでなぞります。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 5

イクラだけが暗くなりました。
「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」の違い 6

参考になれば幸いです。
ライター:kou

Adobe Photoshop

覆い焼きツール

焼き込みツール

交換レンズ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する