オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」「8mm F1.8 Fisheye」「300mm F4.0 IS」の最新ファームウェアを11月22日に公開


オリンパスは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」の最新ファームウェアを11月22日に公開しました。

フォーサーズシステム ファームウェアアップデート | オリンパス
  • オリンパスは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」の最新ファームウェアを公開した
  • 【M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO】
    - 動画撮影時のレンズ絞り動作の安定性を向上
    - MF撮影時の動作を改善
    - 動画撮影時のAF動作の安定性を向上
    - M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 使用時のAF動作を改善
    - E-M1 Mark II使用時に、連写動作の安定性を向上
  • 【M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO】
    - 連写HでのC-AF動作の安定性を改善
  • 【M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO】
    - AF動作を改善
    - MF撮影時の動作を改善
    - 動画撮影時の動作の安定性を向上
    - E-M1 Mark II使用時に、連写動作の安定性を向上
    - E-M1 Mark II使用時の、手ぶれ補正動作の精度を向上

12月下旬に発売予定の「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」用の更新内容が含まれているので、発売準備が着々と整ってきているようですね。動画撮影向けのファームウェア向上も多いのでアップデートしておいたほうが良さそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

ファームウェア

カメラ総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する