【Photoshop】「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」


【Photoshop】「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」

Adobe Photoshopで「Camera Raw」現像の際にチェックしたほうがいい「色収差を除去」の項目について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は、「RAWファイル」を開く際に「Camera Raw」を利用します。「Camera Raw」には画像を編集することができる項目が多数ありますが、「レンズ補正」の「色収差を除去」にチェックを入れると簡単に色収差を除去することができます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

「RAWファイル」をドラッグ・アンド・ドロップするか、ダブルクリックすると以下のような「Camera Raw」画面が登場します。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 1

左上には「ズームツール」の虫眼鏡マークがあるのでクリックします。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 2

色収差は写真の周辺部分に出やすいので、「ズームツール」を選択した状態で周辺部を何度もクリックするか、左下にある「ズームレベルの選択」を100%にする「等倍」と呼ばれる表示にします。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 3

ズームレベル100%の等倍表示だと色収差が良く確認できます。赤い矢印の部分に青紫っぽい色の色収差が出ています。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 4

この色収差を除去するには、「レンズ補正」→「カラー」→「色収差を除去」にチェックを入れます。手動でも除去できますが、多くの場合はこのチェックを入れるだけで除去できます。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 5

色収差が除去できました。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 6

Gif画像で見ると除去されているのがよく確認できます。
「Camera Raw」でチェックしたほうがいい「色収差を除去」 7

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

色収差を除去

家電総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する