オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」「14-42mm F3.5-5.6 EZ」の最新ファームウェアを11月10日に公開


オリンパスは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」の最新ファームウェアを11月10日に公開しました。

フォーサーズシステム ファームウェアアップデート | オリンパス
  • オリンパスは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」の最新ファームウェアを公開した
  • 【M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO】
    - 動画撮影時のレンズ絞り動作の安定性を向上
    - E-M1 Mark II使用時に、連写動作の安定性を向上
  • 【M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ】
    - 動画撮影時のレンズ絞り動作の安定性を向上
    - MF撮影時の動作を改善

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」は35mm判換算で焦点距離24-80mm相当のオリンパスの大口径標準ズームレンズです。防塵防滴仕様で、ズーム全域で開放値F2.8と最短撮影距離20cmを実現しています。価格は8万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

ファームウェア

デジタル一眼 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する