ニコン、「D500」の最新ファームウェアC:Ver.1.11を11月8日に公開


ニコンは、「D500」の最新ファームウェアC:Ver.1.11を11月8日に公開しました。

Nikon | Download center | D500用ファームウェア
  • ニコンは、「D500」の最新ファームウェアC:Ver.1.11を公開した
  • ライブビュー撮影時、「スピードライトSB-800」をカメラに装着してオートフォーカスでタッチシャッター操作を行うと、シャッターがきれない現象を修正
  • [セットアップメニュー] > [イメージセンサークリーニング] > [実行]で実施される撮像素子のチェック内容を修正
    ※ファームアップ後、上記手順にてイメージセンサークリーニングをすることをおすすめいたします。

「D500」は2088万画素のDXフォーマット(APS-C)CMOSセンサーを搭載したニコンのデジタル一眼レフカメラです。153点AFシステム・常用ISO51200・連写10コマ/秒を実現しています。価格は22万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

D500

ファームウェア

デジタル一眼 売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する