CMOSIS、グローバルシャッター対応のCMOSセンサー「CMV50000」を発表


CMOSIS、グローバルシャッター対応のCMOSセンサー「CMV50000」を発表

CMOSISは、グローバルシャッター対応の4800万画素CMOSセンサー「CMV50000」を発表しました。

Industrys first global shutter 48Mpixel CMOS image sensor from CMOSIS supports 8k image resolution - CMOSIS - CMOS Image Sensors
  • CMOSISは、「CMV50000」を発表した
  • CMOSISはベルギーのイメージセンサーを扱うファブレスメーカー(工場を持たない会社という意味です)
  • 業界初のグローバルシャッターを搭載した4800万画素のCMOSセンサー
  • センサーサイズは35mm(36.43x27.62mm)
  • 8Kの解像度をサポート
  • 4K動画は60fpsに対応

基本仕様
解像度48MP(7920x6004)ピクセルサイズ4.6x4.6μm2
フォーマットサイズ35mm(36.43x27.62mm2)シャッタータイプグローバルシャッター
フレームレート30fpsダイナミックレンジ64dB

CMOSISのイメージセンサーは「ライカM Typ 240」に使用されています。すぐに民生用のカメラに搭載されるセンサーではないと思いますが、グローバルシャッター搭載の一般用カメラの登場は近いのかもしれませんね。キヤノンもグローバルシャッター搭載のCMOSセンサーを発表しています。
URL:キヤノン、グローバルシャッター機能を搭載した「CMOSセンサー」を開発
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

グローバルシャッター

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する