【Photoshop】ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法


【Photoshop】ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法

Adobe Photoshopのホワイトバランスを修正する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には、「ホワイトバランス」を補正して全体的に黄ばんだ色の写真などを正しい色で表示する機能があります。RAWファイルでもJPEGファイルでも補正できますが、綺麗に補正するにはRAWファイルで「Camera Raw」の画面から補正することをおすすめします。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

以下の全体的に黄色いお肉の写真を補正します。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 1

RAWファイルの写真をPhotoshopで開くと「Camera Raw」の画面が登場します。JPEGの画像でも「Camera Raw」で開くことが可能です。過去記事の「JPEGをCamera Rawで開く方法」を参照して下さい。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 2

上部にある「ホワイトバランスツール」をクリックします。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 3

この状態で写真内の白っぽい箇所を選択して下さい。今回は赤丸の箇所を選択しました。選択した場所を基準にホワイトバランスが設定されます。選択は何度でもできるので、狙い通りのホワイトバランスになるまで何度も選択し直したほうがいいと思います。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 4

「Camera Raw」だけでなく、画像を開いたPhotoshopの通常画面でもホワイトバランスを補正できます。自動で補正したい場合は「イメージ」→「自動カラー補正」をクリックします。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 5

手動で補正したい場合は、「レイヤー」→「新規調節レイヤー」→「トーンカーブ」をクリックします。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 6

「新規レイヤー」の画面が登場するのでOKボタンを押します。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 7

「画面内でサンプルしてグレー点を設定」をクリックすると、「Camera Raw」の「ホワイトバランスツール」と同様に基準となる色を選択できるようになります。狙い通りの色になるまで何度も選択することができます。
ホワイトバランスを補正して料理を美味そうに見せる方法 8

RAWとJPEGでは補正できる範囲に差があるので、RAWファイルが1番綺麗に補正することができると思います。参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

ホワイトバランス

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する