【Photoshop】修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法


【Photoshop】修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法

Adobe Photoshopで修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には、「スポット修正ブラシツール」や「塗りつぶし」機能の「コンテンツに応じる」という簡単に被写体を修正できる機能があります。しかし、パターンがある被写体の場合はこれらの機能で綺麗に修正するのが難しい場合があります。その場合はコピー・アンド・ペーストで綺麗に修復できることがあります。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

以下の水滴にハートを描いた画像の一部を修正して消します。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 1

「ツール」から「長方形選択ツール」を選択します。「ツール」が表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「ツール」で表示させることができます。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 2

修正したいハートの横を「選択ツール」で囲みます。次に、「Ctrl」+「C」→「Ctrl」+「V」を順番に押して選択範囲の場所をコピー・アンド・ペーストします。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 3

「レイヤー」に以下のように「レイヤー 1」が制作されます。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 4

次に「移動ツール」を選択します。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 5

「レイヤー 1」を選択した状態で、横に移動します。キーボードに「→」の矢印がある場合は何度も「キー」を押して修正したい箇所に綺麗に重ねます。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 6

コピー・アンド・ペーストした「レイヤー 1」は四角形なので、赤線で囲んだ場所が余分です。色も少し違くて違和感があるので、「消しゴムツール」を選択して不要な「レイヤー 1」の箇所を消します。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 7

綺麗に修正できました。
修正が難しいパターン系の被写体を綺麗に修復する方法 8

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

コピー・アンド・ペースト

売れ筋ランキング