ライカ、「ライカS」の最新ファームウェアを9月13日に公開


ライカは、「ライカS」の最新ファームウェアを9月13日に公開しました。

ライカS ファームウェアアップデート // 2016 // Global // ライカの最新情報 // ライカの世界 & 最新情報 - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカS」の最新ファームウェアを公開した

Leica S (Typ 007) ファームウェア Version 4.0.0.0
  • カメラの背面ディスプレイに表示される情報スクリーンのUIデザインを刷新
  • 再生モード時のレーティング機能を追加(Adobe Photoshop Lightroom CC、Photoshop CC、Bridge CCでのレーティングをサポート)
  • 再生モード時、最後に使用したズーム位置を記憶
  • カメラの上面ディスプレイに表示される被写界深度の距離表示にフィート(ft)表記を追加
  • シャッターレリーズボタン半押しでファインダー内のディスプレイにリアルタイムバッファ情報を表示
  • 専用USB 3.0ケーブルでPCとの接続中、カメラの上面ディスプレイに[PC]アイコンを表示
  • 「ライブビュー」モードまたは「動画撮影」モード時、カメラの上面ディスプレイに撮影可能時間を表示
  • ミラーアップ時、カメラの背面ディスプレイにミラーアップアイコンを表示


ライカ S/S-E (Typ 006) ファームウェアVersion 2.5.0.0
  • GPSの機能を向上させ、より精度を向上(このファームウェアでは、ライカS/S-EからライカSレンズのファームウェアを最新のものにアップデートすることができる)


ライカ S2/S2-P用ライカSレンズファームウェア
  • ライカS2/S2-PからライカSレンズのファームウェアを最新のものにアップデートすることができる


ライカSレンズを「ライカL用Sレンズアダプター」を介して「ライカSL (Typ 601)」に装着するには、ライカSレンズのファームウェアを最新にする必要があるようです。詳しくはURLをご覧ください。
URL:ライカS ファームウェアアップデート
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LEICA S

ファームウェア

カメラ総合 売れ筋ランキング