【Photoshop】不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法


【Photoshop】不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法

Adobe Photoshopで不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)では「トゥイーン」という機能を使用すると簡単に不透明度を調整したGif画像を制作することができます。「トゥイーン(Tween)」は「間」を意味する「in between」が由来です。Gif画像の開始と最後を制作するだけで、「トゥイーン」はその間のコマ(フレーム)を自動で制作してくれる便利な機能です。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

街頭ディスプレイのようにピカピカ点滅するGif画像を制作します。黒背景に黄色の「LED」の文字が消えたり現れたりします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 1

「レイヤー」は以下のようになっています。「レイヤー」が表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「レイヤー」で表示させることができます。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 2

「ウィンドウ」→「タイムライン」でGif画像の「タイムライン」を表示させます。「タイムライン」を表示させると「レイヤー」にGif画像の追加情報が表示されるようになります。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 3

「選択したフレームを複製」で1コマ目のフレームを複製します。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 4

2コマ目のフレームを選択した状態で、「レイヤー」の「不透明度」を変更して「0%」にします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 5

1コマ目のフレームをクリックして、「Shift」ボタンを押しながら2コマ目のフレームもクリックします。2つとも選択されたら「アニメーションフレームをトゥイーン」をクリックします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 6

「追加するフレーム」を「5」にしてOKボタンをクリックします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 7

Gif画像が完成しました。しかしこのままでは早く点滅し過ぎて文字がよく分からないので、1コマ目のフレームの秒数(以下の画像では0秒の場所)をクリックして「1秒」に変更します。他のフレームも表示が早過ぎる場合は秒数をクリックして表示時間を変更します。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 8

Gif画像を保存して出力します。「保存」や「別名で保存」ではなく、「ファイル」→「Web用に保存」をクリックします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 9

「Gif」を選択して「保存」をクリックします。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 10

Gif画像が完成しました。
不透明度を調節して点滅するGif画像を制作する方法 11

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

トゥイーン

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング