【Photoshop】便利な「スマートオブジェクト」の使い方


【Photoshop】便利な「スマートオブジェクト」の使い方

Adobe Photoshopの便利なスマートオブジェクトの使い方について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には「スマートオブジェクト」という便利な機能があります。オブジェクトを「スマートオブジェクト」にすることで、拡大・縮小したりフィルター効果を加えても元画質を維持できます。しかし、「スマートオブジェクト」になったオブジェクトは、ブラシツールで色を描いたり、消しゴムツールで削除するなど直接編集することができなくなります。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

星型のオブジェクトを「スマートオブジェクト」にします。
便利なスマートオブジェクトの使い方 1

「レイヤー」は以下のようになっています。「レイヤー」が表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「レイヤー」で表示させることができます。
便利なスマートオブジェクトの使い方 2

「レイヤー」の文字部分(下の画像では「シェイプ1」の部分)を右クリックし、「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。
便利なスマートオブジェクトの使い方 3

星型のオブジェクトの右下にマークが追加されました。これでこのオブジェクトは「スマートオブジェクト」になりました。「スマートオブジェクト」は拡大・縮小しても元画質を維持できるので解像度を気にせず自由にサイズを変更できます。通常のオブジェクトは、一度縮小してから拡大すると画質が低下します。
便利なスマートオブジェクトの使い方 4

「スマートオブジェクト」は「フィルター」を追加しても後から元画質の状態に戻せます。「フィルター」→「ピクセレート」→「カラーハーフトーン」をクリックします。
便利なスマートオブジェクトの使い方 5

「レイヤー」には「スマートフィルター」「カラーハーフトーン」が追加されました。
便利なスマートオブジェクトの使い方 6

「スマートフィルター」の文字を右クリックすると、「スマートフィルターを使用しない」「フィルターマスクを削除」「スマートフィルターを消去」から変更できます。「スマートフィルターを消去」をクリックすると「フィルター」効果が削除できます。
便利なスマートオブジェクトの使い方 7

「スマートオブジェクト」は元画質を維持したまま変更できて便利ですが、ブラシツールや消しゴムツールなどオブジェクトを直接編集することができなくなります。「スマートオブジェクト」を通常の状態に戻すには「レイヤー」の文字部分を右クリックして「レイヤーをラスタライズ」をクリックします。
便利なスマートオブジェクトの使い方 8

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

スマートオブジェクト

売れ筋ランキング