ニコンのゆがみ補正データをバージョンアップする方法


ニコンのゆがみ補正データをバージョンアップする方法について掲載しています。

ニコンのゆがみ補正データは、カメラ内で撮影時や画像編集時にレンズのゆがみを補正してくれるデータです。最新バージョンの2.015が公開されたので、D800でバージョンアップしてみました。

まず、カメラ内のファームウェアバージョンを確認します。カメラの「セットアップメニュー」→「ファームウェアバージョン」を開きます。今回はゆがみ補正データのバージョンアップなので「L」の表示を確認します。「1.009」なので最新にアップデートできます。
ニコンゆがみ補正データ 1

ファームウェアをアップデートするには初期化されたSDカードが必要です。初期化してもいいSDカードをカメラに差し込んで、「ゴミ箱マーク」と「MODEマーク」を同時に長押しします。
ニコンゆがみ補正データ 2

すると右型の液晶に「For」と表示されます。この状態でもう一度、「ゴミ箱マーク」と「MODEマーク」を同時に押します。これでSDカードの中のデータが全て消えてフォーマットされた状態になります。
ニコンゆがみ補正データ 3

次はカメラにインストールするためのゆがみ補正データをニコンのサイトからダウンロードします。「Nikon | Download center | ゆがみ補正データ」にアクセスして下側の「プログラム使用承諾契約書」からダウンロードします。WindowsとMacで分かれているので上部からどちらかを選択して下さい。
ニコンゆがみ補正データ 4

「F-DCDATA-2015W.exe」というファイルがダウンロードできました。
ニコンゆがみ補正データ 5

ダブルクリックして展開します。「DCDATAUpdate」というフォルダと、その中に「NKLD0215.BIN」というファイルが含まれています。「NKLD0215.BIN」のみを初期化したSDカードにコピーして、カメラにSDカードを差し込みます。
ニコンゆがみ補正データ 6

カメラの電源をONにします。先ほどと同じ「セットアップメニュー」→「ファームウェアバージョン」で画面を開くと、「バージョンアップ」という項目が追加されています。OKボタンを押します。
ニコンゆがみ補正データ 7

「カメラ内のレンズ情報をバージョンアップしますか?」と出てくるので、OKボタンを押します。
ニコンゆがみ補正データ 8

一瞬でバージョンアップが出来たようです。電源をOFFにします。
ニコンゆがみ補正データ 9

再び「セットアップメニュー」→「ファームウェアバージョン」で開くと無事にアップデートされていました。あとは、SDカードをまた初期化すれば全て終了です。
ニコンゆがみ補正データ 10

ニコンは公式に「ゆがみ補正データ バージョンアップの手段について」を公開しているのでこちらも参照して下さい。参考になれば幸いです。
ライター:kou

ゆがみ補正データ

交換レンズ 売れ筋ランキング