ニコン、入門向け一眼レフカメラ「D3400」を9月16日に発売


ニコンは、入門向けのデジタル一眼レフカメラ「D3400」を9月16日に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3400」を発売
  • ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D3400」を発売する
  • 2016年8月17日に海外で発表済み
  • 「SnapBridge」に対応し、スマートデバイスと接続可能
  • 常用感度域でISO 25600を実現
  • 画像処理エンジン「EXPEED 4」や光学ローパスフィルターレス仕様の2416万画素センサーを搭載
  • 簡単操作が可能な「ガイドモード」を搭載
  • 一回の充電で約1200コマの撮影が可能
  • 価格はボディ単体で5万8000円前後

D3400 ボディ (レッド)
D3400 ボディ (レッド)
D3400 18-55 VR レンズキット (ブラック)
D3400 18-55 VR レンズキット (ブラック)

基本仕様
レンズマウントニコンFマウント系センサーAPS-C
23.5×15.6mm CMOS
画素数2472万総画素
2416万有効画素
連写5コマ/秒
ISO感度100~25600(標準)モニター3インチ
92.1万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数1200枚
静止画フォーマットRAW:12bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
60fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワーク記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き124×98×75.5mm重さ395g (本体のみ)
445g (総重量)

「D3400」はSnapBridgeに対応していますがWi-Fiには非対応なので、「SnapBrige」アプリの一部の仕様が異なるようです。「SnapBridge」アプリのリモート撮影機能には非対応です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

D3400

売れ筋ランキング