【Photoshop】ガイドの使い方と消し方


【Photoshop】ガイドの使い方と消し方

Adobe Photoshopでガイドの使い方と消し方について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)はオブジェクトなどを揃えるのに便利な「ガイド」という線を表示する機能があります。「ガイド」は印刷などには使われず、いつでも簡単に消したり表示したりすることができます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

「ガイド」を操作する際は、基本的に「移動ツール」を選択した状態にします。「ツール」が表示されていない場合は、上部の「ウィンドウ」→「ツール」で表示させることができます。
ガイドの使い方と消し方 1
「移動ツール」を選択

まず、上部の「表示」→「定規」をクリックします。
ガイドの使い方と消し方 2
「定規」を表示

そうすると、カンバスの上側と左側に「定規」が表示されます。その「定規」をクリックし、そのままカンバスにドラッグします。
ガイドの使い方と消し方 3
「定規」からドラッグ

これで「ガイド」が表示されました。
ガイドの使い方と消し方 4
「ガイド」が表示

「ガイド」は縦側からでも横側からでも表示させることができます。上部からドラッグすると横線の「ガイド」が表示されますが、「Alt」を押して「定規」をクリック、そのままドラッグすると縦線の「ガイド」を表示させることができます。
ガイドの使い方と消し方 5
縦横で表示

「ガイド」は「移動ツール」選択状態ならドラッグして移動できます。「Alt」を押しながらクリックすると向きを変更させることもできます。
「ガイド」の削除方法は、「ガイド」をドラッグして定規まで持っていくと消すことができます。
ガイドの使い方と消し方 6
「定規」までドラッグして「ガイド」を消去

「ガイド」を全て削除したい場合は「表示」→「ガイドを消去」で一括削除が可能です。
ガイドの使い方と消し方 7
「ガイド」を一括削除

「ガイド」は一時的に非表示にすることも可能です。「表示」→「表示・非表示」→「ガイド」をクリックします。ショートカットキーで「Ctrl」+「:」を押しても同じことができ、表示と非表示を簡単に切り替えられます。
ガイドの使い方と消し方 8
「ガイド」の表示と非表示

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

ガイド

売れ筋ランキング