【Photoshop】JPEGを「Camera Raw」で開く方法


【Photoshop】JPEGを「Camera Raw」で開く方法

Adobe PhotoshopでRAW以外のJPEGなどのファイルを「Camera Raw」で開く方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe PhotoshopはRAWファイルを開く際に「Camera Raw」というプラグインで開きますが、JPEG/PNGなども同様に「Camera Raw」プラグインで開くことができます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

RAWファイルをダブルクリックしたり、ドラックアンドドロップすると以下のような「Camera Raw」ダイヤルボックスが開きます。
JPEGをCamera Rawで開く方法 1
「Camera Raw」ダイヤルボックス

JPEGやPNGファイルで「Camera Raw」を開く場合は、上部の「ファイル」→「指定形式で開く…」をクリックします。
JPEGをCamera Rawで開く方法 2
「指定形式で開く…」

開きたいJPEGやPNGファイルを選択したら、「指定形式で開く」で「Camera Raw」を選択します。
JPEGをCamera Rawで開く方法 3
「Camera Raw」を選択

JPEGファイルが「Camera Raw」で開けました。あとは編集するだけです。
(「Camera Raw」や「Photoshop」のバージョンが古い場合は開けないこともあるようです。また、「Photoshop CS3」などでは、「環境設定」→「ファイル管理」→「JPEGファイルでは Adobe Camera Raw を優先」にチェックするとJPEGは「Camera Raw」で開くように設定できます。)
JPEGをCamera Rawで開く方法 4
JPEGを「Camera Raw」で開いた画面

JPEGやPNGファイルを「Camera Raw」で開いても、もともとRAWで撮影されたファイルのように補正範囲が大きくなるわけではありません。ただ、「Camera Raw」ダイヤルボックスでの編集に慣れている場合はとても便利です。参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Camera Raw

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング