ハクバのクリップオンストロボディフューザー「DSD-CL2L」を買ってみました。


ハクバのクリップオンストロボディフューザー「DSD-CL2L」を購入したレビューについて掲載しています。

外付けフラッシュの光を柔らかくするためにハクバの「クリップオンストロボディフューザー DSD-CL2L」を購入しました。サイズは「Mサイズ」と「Lサイズ」ありますが、より光を柔らかくしてくれそうな「Lサイズ」を買いました。値段は500円ほどしか変わりません。

それでは開封していきます。価格は2,810円(ポイント込み)でした。
DSD-CL2L 1
「DSD-CL2L」のパッケージ

中には本体と説明書、収納袋が含まれています。
DSD-CL2L 2
「DSD-CL2L」を開封

本体は「Lサイズ」なのでそれなりの大きさがあります。
DSD-CL2L 3
「DSD-CL2L」の収納状態の画像

折り目に添って本体を起こしていきます。
DSD-CL2L 4
「DSD-CL2L」を起こした画像

マジックテープなのでサイズを合わせて色々な外付けフラッシュに装着できます。
DSD-CL2L 5
「DSD-CL2L」を外付けフラッシュに装着

「SB-910」に装着してみました。
DSD-CL2L 6
「DSD-CL2L」と「SB-910」

ディフューザーは動かせるのでバウンス撮影にも対応します。
DSD-CL2L 7
バウンス撮影時の画像

それでは実際にどれだけ光を柔らかくできるのか試してみます。「DSD-CL2L」を装着した外付けフラッシュ「SB-910」をカメラの右側に置いて、影を付けるように撮影します。効果はバッチリで、光が柔らかくなりました。
DSD-CL2L 8
「DSD-CL2L」使用時と未使用時の違い

「DSD-CL2L」は期待通りの性能でした。これを使えばストロボ単体だけでなく、多数のストロボを使用する多灯ライティングも効果的に行うようにできます。サイズも「Mサイズ」ではなく「Lサイズ」で良かったと思います。これだけの性能のディフューザーを3000円以下で購入できたのは非常に満足です。

フラッシュは直接当てると影が出来たり硬い描写になるので、バウンス撮影するか「DSD-CL2L」のようなディフューザーを使用して撮影したほうがいいと思います。購入の際の参考になれば幸いです。


ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

クリップオンストロボディフューザー DSD-CL2L

売れ筋ランキング