ニコン、三次元的ハイファイ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」を8月26日に発売


ニコンは、三次元的ハイファイの設計思想を継承したレンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」を8月26日に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:大口径中望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」を発売
  • ニコンは、「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」を発売する
  • ニコンFマウント、35mmフルサイズに対応したプロフェッショナルやハイアマチュア向けの大口径中望遠単焦点レンズ
  • 105mmという焦点距離において、開放F値1.4とオートフォーカス搭載を実現
  • 浅い被写界深度と大きなボケ、情景の印象的な切り取りと適度な圧縮効果を活かした写真表現が可能
  • 「三次元の被写体を、写真という二次元のフィールドに、より自然な像として再現する」という、ニコンが理想とする設計思想「三次元的ハイファイ(高再現性)」を高いレベルで実現
  • 点光源を歪みやにじみの少ない「点」として描写する高い点像再現性を実現
  • 色収差を抑える3枚のEDレンズと、ゴーストやフレアーを効果的に低減するナノクリスタルコートを採用
  • 高速連続撮影時にも安定した露出制御が可能な電磁絞り機構を搭載
  • レンズの最前面と最後面に防汚性能と耐久性に優れたニコン独自のフッ素コートを採用
  • 希望小売価格は24万円(税別)

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDとD5の装着例
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDとD810の装着例

基本仕様
レンズマウントニコンFマウント系タイプ単焦点
焦点距離105mm
157.5mm(DXフォーマット時)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成9群14枚絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離1m最大撮影倍率0.13倍
絞りF1.4~16画角23.1度
15.2°(DXフォーマット時)
フィルターサイズ82mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能防塵・防滴構造
最大径×長さ94.5×106mm重さ985g

「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」は「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」と同じように「三次元的ハイファイ」を謳ったレンズで、ボケ味はかなり期待できそうですね。105mmでF1.4というスペックも恐らく世界初で、「Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D」の後継モデルに近いレンズなのかもしれません。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング