リコー、「GR II」の機能拡張ファームウェア3.00を7月14日に公開


リコーは、「GR II」の機能拡張ファームウェア3.00を7月14日に公開しました。

Firmware Update Software for GR II|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING
  • リコーは、「GR II」のファームウェア、バージョン3.00(機能拡張)を公開した
  • 【+/-ボタンによるMF操作】
    アップダウンダイヤルに加え、+/-ボタンでもマニュアルフォーカスの操作ができるようになる
  • 【フラッシュボタン設定】
    フラッシュボタンにFn1 / Fn2 / Effectボタンと同様に、機能を登録できるようになる
  • 【MFアシスト表示】
    [MFアシスト表示]が追加され、 [ON]を選択するとマニュアルフォーカスの操作中に自動でMFアシストが表示される
  • 【水準器表示】
    [水準器表示]が追加され、[タイプ1][タイプ2]から選択できる
    [タイプ1]: 従来のデザイン
    [タイプ2]: GR Digital IVの水準器表示をベースとしたデザイン
  • 【露出情報表示】
    [露出情報表示]が追加され、[常時][半押し]から選択できる
    [常時]を選択すると、測光した露出値が撮影画面に常に表示される
  • 動作の安定性を向上

機能拡張についてはPDFでマニュアルが公開されています。「GR II」は、1620万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したリコーのコンパクトデジタルカメラです。35mm判換算で焦点距離28mm相当のレンズを採用し、Wi-FiやNFC機能に対応しています。
URL:PDFマニュアル

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

GR II

ファームウェア

売れ筋ランキング