ニコン、「D3S」の不具合修正ファームウェアを7月13日に公開


ニコンは、「D3S」の不具合を修正する最新ファームウェアを7月13日に公開しました。

Nikon | Download center | D3S用ファームウェア
  • ニコンは、「D3S」の最新ファームウェアA:Ver.1.03 / B:Ver.1.02を公開した
  • 【下記の現象を修正】
    - [セットアップメニュー] > [イメージセンサークリーニング] > [電源スイッチに連動] >[電源OFFで実行]もしくは[電源ONとOFFで実行]に設定し、電源をオンにするとバッテリー残量表示がまれに点滅する場合がある
    - [撮影メニュー] > [画像記録モード] > [順次記録]にて、両スロットにカードを入れて撮影した場合に、別画像にも関わらず、スロット1 とスロット2でまれに同一の番号の画像ファイルができる

「D3S」は、1210万画素のフルサイズFXフォーマットCMOSセンサーを搭載したニコンのプロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラです。現在は最新の「D5」がラインナップされています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

D3S

ファームウェア

家電総合 売れ筋ランキング