キヤノン、「EOS-1D X Mark II」のCFast不具合を修正するファームウェアを7月7日に公開


キヤノンは、「EOS-1D X Mark II」のCFastカード不具合を修正する最新ファームウェアVersion 1.0.2を7月7日に公開すると発表しました。

キヤノン:ダウンロード|EOS-1D X Mark IIファームウエア Version 1.0.2
  • キヤノンは、「EOS-1D X Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.0.2を公開した
  • SanDisk CFastカードに記録した静止画像の一部(下部)が異常となることがある現象に対し、対策を盛り込んだ
  • カメラとCFastカードの通信の信頼性向上を図った
  • 【対象のCFastカード】
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxx)
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxx)
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxA)
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxA)
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxB)
    - SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxB)
  • 対象のCFastカードを使用する場合は、ファームウエアをVersion 1.0.2にアップデートし、カメラ本体でCFastカードを初期化して使用する

「EOS-1D X Mark II」と「SanDisk CFastカード」の組み合わせで異常が発生する現象は2016年6月29日に発表されていました。 CFastカードを使用した際の動作など、詳しくはURLをご覧下さい。
URL:キヤノン:ダウンロード|EOS-1D X Mark IIファームウエア Version 1.0.2

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS-1D X Mark II

ファームウェア

デジタル一眼 売れ筋ランキング