「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」の違い


「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」の違いを比較しました。

「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」は2016年7月4日に発表されたサムヤンのAPS-C用マニュアルフォーカスレンズです。ソニーEマウントで装着すると35mm判換算で75mm相当の焦点距離になります。同じ50mmの焦点距離を持つAPS-C用レンズと比較しました。

「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」 1
「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」の外観比較

「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」 3
「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」と「E 50mm F1.8 OSS」と「Touit 2.8/50M」をα6300に装着したイメージ図




製品名サムヤン SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CSソニー E 50mm F1.8 OSS SEL50F18カールツァイス Touit 2.8/50M
発売日2016年07月22日2013年09月13日2014年03月29日
価格73,000円30,000円100,000円
マウントソニーEソニーEソニーE
シリーズα(アルファ) EシリーズTouit(トゥイート)シリーズ
タイプ単焦点
センサーAPS-C
レンズタイプミラーレス
35mm判焦点距離75mm
焦点距離50mm
オートフォーカス×
マニュアルフォーカス
絞りF1.2~16F1.8~22F2.8~22
絞り羽根枚数9枚7枚9枚
レンズ構成7群9枚8群9枚11群14枚
最短撮影距離0.5m0.39m0.15m
最大撮影倍率0.16倍1倍
画角30°
フィルターサイズ62mm49mm52mm
手ブレ補正機能
防塵・防滴構造
マクロ
最大径74.2mm62mm65mm
長さ67.5mm62mm104mm
重さ375g202g290g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS

E 50mm F1.8 OSS

Touit 2.8/50M

比較

カメラ総合 売れ筋ランキング