「フィルム一眼レフカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」の外観違い


「フィルム一眼レフカメラ」と「デジタル一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」の外観の違いを比較しました。

フィルム一眼レフカメラ「FM10」とデジタル一眼レフカメラ「Df」とミラーレスカメラ「α7R II」の外観サイズを比較しました。

「FM10」と「Df」はどちらもニコンFマウントを採用する一眼レフカメラです。
「FM10」と「Df」 1
「FM10」と「Df」正面の外観比較

「FM10」はマニュアルフォーカス専用なので、「Df」のようにAF専用センサーを搭載する必要がないためマウント下部にスペースが必要ありません。
「FM10」と「Df」 2
「FM10」と「Df」背面の外観比較

ニコンFマウントはフランジバックが46.5mmです。
「FM10」と「Df」 3
「FM10」と「Df」上部の外観比較

イメージセンサーやフィルムの位置を示すマーク(撮像面マーク)からのサイズ比較。デジタル一眼レフカメラは背面にイメージセンサーや液晶モニターなどを搭載するために厚みが太くなっています。
「FM10」と「Df」 4
「FM10」と「Df」撮像面マークからの外観比較

次はミラーレスカメラの「α7R II」との比較です。
「FM10」と「α7R II」 5
「FM10」と「α7R II」正面の外観比較

ミラーレスカメラにAF専用センサーは必要ないので、高さが低く抑えられています。
「FM10」と「α7R II」 6
「FM10」と「α7R II」背面の外観比較

カメラの厚みは、「FM10」と「α7R II」ではほとんど代わりません。
「FM10」と「α7R II」 7
「FM10」と「α7R II」上部の外観比較

撮像面マークからサイズを比較すると、フィルムカメラとミラーレスカメラでは全く構造が違うことが分かります。ミラーレスカメラの「α7R II」はフランジバックが18mmのソニーEマウントを採用し、センサーからマウントまでの距離が大幅に短くなっています。それに対し、フィルムカメラの「FM10」は背面にイメージセンサーも液晶モニターも必要がないのでフィルムから背面までの距離が大幅に短くなっています。
「FM10」と「α7R II」 8
「FM10」と「α7R II」撮像面マークからの外観比較
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

フィルム一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラ

α7R II

FM10

Df

α7R II

比較

売れ筋ランキング