「Logicool M570t」を買ってみました。


「Logicool M570t」を買ってみました。

ロジクールのワイヤレストラックボール「Logicool M570t」を購入したレビューについて掲載しています。

「Logicool M570t」は、トラックボールを操作することでカーソル操作が可能なマウスです。通常のマウスのように、マウス全体を動かしてカーソル操作しないため、場所やスペースを選ばず操作が可能です。とても便利そうなので購入することにしました。

それでは開封していきます。価格は5,080円でした。マウスとしては高価です。
Logicool M570t 1
「Logicool M570t」

パッケージ内容は、「保証書」「保証規定」「取扱説明書」「マウス本体」「Unifyingレシーバー」です。このマウスはワイヤレス接続をして操作が可能です。パソコン本体に「Unifyingレシーバー」を差し込むだけで、何も設定せずにすぐマウス操作が可能になりました。パソコンはWindows10でもWindows8.1でも動作は同じでした。
Logicool M570t 2
「Logicool M570t」と「Unifyingレシーバー」

「トラックボール」はマウス底面の穴から指で押し出すことで取り外しできます。「トラックボール」は操作しているとゴミが溜まり、動作が鈍くなるので時々は取り外して清掃したほうがいいかもしれません。「進む」や「戻る」ボタンを押すとウェブページを戻ったり進んだりすることが可能で、「スクロールボタン」を押すことでリンクを新しいタブで開くことができます。
Logicool M570t 3
「Logicool M570t」のトラックボールを取り出した画像

「Logicool M570t」は非常にシンプルな作りですぐに操作することができました。「トラックボール」操作は初めは困惑しましたが、1日ですぐに慣れ、通常のマウスには戻れないほど快適に操作が可能になりました。細かい動作も通常のマウスより操作しやすいかもしれません。気になった点は、左/右クリックボタンは少し硬く、通常のマウスよりちょっとだけ力がいりました。

「Logicool M570t」は3年保証で、以前に「スクロールボタン」が故障した際にロジクールに問い合わせたら代わりのマウスをすぐに送ってくれました。故障したマウスは、場合によってですが、今回はロジクールに送るのではなく廃棄するように指示されました。問い合わせの際には、レシートと保証書の写真をメールでロジクールに送信したので、この2つを捨てずに持っていたほうがいいと思います。

「Logicool M570t」は高価なマウスですが、ロジクールのサポートも含めて非常に満足した買い物でした。購入の際の参考になれば幸いです。


ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Logicool M570t

売れ筋ランキング