「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」の違い(※追記あり)


「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」の違いを比較しました。(※追記:ニコンDLシリーズは発売中止になりました)

  • ニコン「DLシリーズ」は、ニコンが2016年2月24日に発表した新しいコンパクトデジタルカメラのシリーズです。「DL」は、「DSLR(デジタル一眼レフカメラ)」と「(NIKKOR) LENS」の頭文字を取った名称です。ミラーレスカメラ「Nikon 1」シリーズと同じ1.0型(13.2×8.8mm) CXフォーマットの大型センサーが搭載されたシリーズで、焦点距離や特徴が異なる3機種が同時に発表されたので違いを比較してみました。

DLシリーズ
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」正面の外観比較

DLシリーズ1
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」背面の外観比較

DLシリーズ2
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」上面の外観比較

DLシリーズ3
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」上面ズーム時の外観比較

DLシリーズ4
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」側面左の外観比較

DLシリーズ5
「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」側面右の外観比較

共通の特徴
  • 「DLシリーズ」の共通の特徴は、センサー、画像処理エンジン、AFシステム、4K動画、操作性、SnapBridgeなどです。
  • 【1.0型CMOSセンサー(裏面照射型)と画像処理エンジン「EXPEED 6A」】
    「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」には、2081万画素の1.0型裏面照射型CMOSセンサーが搭載されています。高感度性能に優れ、光学ローパスフィルターレスなので高い解像力も実現しています。画像処理エンジンは新しい「EXPEED 6A」が搭載されて高速処理が可能です。
  • 【ハイブリッドAFシステム】
    像面位相差AFとコントラストAFを合わせたハイブリッドAFシステムが搭載されています。位相差AFエリアは、コントラストAFエリアの約60%をカバーするため、広範囲で素早いオートフォーカスが可能です。連写速度は、位相差AF追従で約20コマ/秒、AF固定で最高約60コマ/秒を達成しています。
  • 【4K UHD動画】
    4K UHD(3840×2160) 30pや、フルHD(1920×1080) 60pの高品質動画が撮影可能です。4K動画からは静止画を抜き出すことも可能で、倍速ムービーを撮影できる「スーパーラプス動画」や、最長約10秒の早送り動画を制作する「タイムラプス動画」にも対応しています。
  • 【デジタル一眼レフに近い操作系】
    「DL」シリーズの操作性は、デジタル一眼レフユーザーでも違和感なく操作できるメニュー構成になっています。Fn(ファンクション)ボタン、(iメニュー)などを採用しています。
  • 【SnapBridge】
    BluetoothとWi-Fiを利用することで、常にスマートデバイスとカメラが接続をする「SnapBridge」機能に対応しています。これにより、カメラで撮影した画像をスマートフォンなどに自動転送したりSNSにすぐアップロードできます。スマートフォンなどから日時や位置情報をカメラに同期したり、カメラをリモート操作することも可能です。

異なる特徴
  • 【DL18-50 f/1.8-2.8】
    「DL18-50 f/1.8-2.8」の特徴は、ナノクリスタルコートを採用した18mm相当の超広角ズームレンズです。18mm相当の超広角はコンパクトデジタルカメラではあまり見かけないスペックのレンズで、レンズ交換式カメラに超広角レンズを装着してやっと達成できる画角です。レンズには、コンパクトデジタルカメラでニコン初のナノクリスタルコートを採用することでフレアやゴーストを抑えたクリアな画質が可能です。建物のゆがみを補正する「アオリ効果」も搭載されているため、建築物から標準の撮影まで幅広くこなせるカメラです。
  • 【DL24-85 f/1.8-2.8】
    「DL18-50 f/1.8-2.8」の特徴は、使用頻度が高い標準ズームレンズとスーパーマクロ撮影です。24-85mm相当の画角は、通常撮影で非常に使用頻度が高い範囲をカバーしているため、風景からポートレート撮影まで幅広く対応することができます。また、等倍の撮影ができるスーパーマクロ機能は、物撮りなどクローズアップ撮影する際に便利で、ピント位置をずらしながら連続撮影するフォーカスブラケティング機能も搭載しています。
  • 【DL24-500 f/2.8-5.6】
    「DL24-500 f/2.8-5.6」の特徴は、広角から超望遠までの範囲を撮影できる24-500mmレンズとEVF(電子ビューファインダー)です。24mmの広角側では風景撮影に対応し、50mmでは人間の視野に近い範囲の撮影、85mmではポートレートなどに対応し、100-500mmの超望遠では野生動物や航空撮影などに対応できます。「DLシリーズ」では唯一のEVFを内蔵し、バリアングル液晶も搭載しています。

どれが買いか?
  • 特に撮影用途を決めていない場合は「DL24-85 f/1.8-2.8」がお勧めです。「DL24-85 f/1.8-2.8」はソニー「RX100シリーズ」やキヤノン「PowerShot G Xシリーズ」のライバル機になるカメラで、非常にハイスペックです。「DL24-85 f/1.8-2.8」にだけある特徴としては、等倍のマクロ撮影や、ニコンの一眼レフカメラ用アクセサリーが使用できることなどです。1.0型の大型センサーで等倍撮影できるメリットは大きく、通常の物撮りではこれ一台でかなりの撮影に対応することができます。また、ニコンの一眼レフユーザーは同じスピードライトを活用できるため新しく購入する必要がありません。価格も「DLシリーズ」で最も安いため、かなりの活躍が期待できるカメラです。

  • 風景撮影や建物撮影をたくさんする場合には「DL18-50 f/1.8-2.8」がお勧めです。「DL18-50 f/1.8-2.8」の18mmでF1.8のレンズは他にはない非常に魅力的なスペックで、広大な風景をコンパクトなカメラ一台で撮影できます。また、被写体に近づきながら背景をボカすことで、遠近感で迫力ある写真が撮影可能です。建築物などのゆがみを補正するアオリ効果はレンズ交換式カメラで揃えると非常に高価でサイズが大きくなりますが、「DL18-50 f/1.8-2.8」は電子的ですがその効果を小型カメラ内で達成でき、建築や室内撮影など業務用でも使用できそうなスペックを搭載しています。今までとは違った写真も、通常の写真も撮影できるカメラです。

  • 高画質な超望遠撮影をしたい場合は「DL24-500 f/2.8-5.6」がお勧めです。超望遠撮影ができるコンパクトデジタルカメラは1/2.3型などの小さなセンサーで超望遠を達成していますが、「DL24-500 f/2.8-5.6」は1.0型の大型センサーで超望遠を達成しています。約4.5倍サイズのセンサーを搭載しているために高画質や大きなボケが期待できます。レンズもED非球面レンズ、非球面レンズ、EDレンズなど贅沢な11群15枚構成をしているために、安価な超望遠カメラとは全く違った高品質な描写力が楽しめます。EVF(電子ビューファインダー)は約236万ドットの高級ミラーレス機に搭載されるEVFと同等のレベルですので、快適なファインダー撮影が可能です。超望遠撮影で描写力にもこだわる場合に最適なカメラです。

「DL18-50 f/1.8-2.8」と「DL24-85 f/1.8-2.8」と「DL24-500 f/2.8-5.6」のスペック違いを比較
製品名ニコン DL18-50 f/1.8-2.8ニコン DL24-85 f/1.8-2.8ニコン DL24-500 f/2.8-5.6
発売日発売中止
価格-
シリーズDLシリーズ
センサー1.0型(裏面照射型CMOS)
画像処理エンジンEXPEED 6A
総画素数2327万画素
有効画素数2081万画素
最大記憶画素数5568×3712px
ISO160~6400
拡張ISO160~12800
連写20コマ/秒
ハイブリッドAFエリア105点
コントラストAFエリア171点
ファインダー電子ビューファインダー (236万ドット、97%)
モニター3インチ (104万ドット)
タッチパネル
可動式モニターチルトバリアングル
メカニカルシャッター30~1/2000秒30~1/1000秒30~1/2000秒
電子シャッター30~1/16000秒
最長シャッター120秒
セルフタイマー2、10秒
撮影枚数260枚250枚290枚
焦点距離(35mm判換算)18~50mm24~85mm24~500mm
焦点距離6.7~18.5mm8.8~31.3mm8.8~185mm
最短撮影距離2cm3cm1cm
撮影倍率-1.0倍-
絞り値F/1.8~2.8F/2.8~5.6
絞り羽根電磁駆動7枚羽根虹彩絞り
光学ズーム2.8倍3.6倍21倍
デジタルズーム4倍
RAW○(NEF)
JPEG
RAW+JPEG
動画4K(3840×2160) 30p、フルHD(1920×1080px) 60p
ハイフレームレート1200fps
ファイル形式MP4
映像圧縮方式H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式AACステレオ
4K静止画抜き出し
スーパーラプス動画
タイムラプス動画
手ぶれ補正デュアル検知光学VRデュアル検知光学VR(SPORTモードあり)
内蔵フラッシュ-
防塵防滴仕様
pictbridge
顔認識
クリエイティブモード
比較明合成
ピクチャーコントロール
アオリ効果○(撮影時)○(再生時)
英語対応
Wi-Fi
NFC
Bluetooth
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
106mm104.9mm122.5mm
高さ63mm61.3mm89.9mm
奥行き57.5mm49.8mm138.8mm
総重量359g345g780g
バッテリーEN-EL24EN-EL20a
インターフェイスUSB2.0、HDMIマイクロ(Type D)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

DL18-50 f/1.8-2.8

DL24-85 f/1.8-2.8

DL24-500 f/2.8-5.6

比較

売れ筋ランキング