ソニーAマウント系レンズ(APS-C)製品一覧


ソニーAマウント系レンズ(APS-C)製品一覧について独自にまとめました。

ソニーAマウント系レンズ(APS-C)は、「αシリーズ」のカメラに装着される一眼レフカメラ専用設計のレンズです(Aマウントは「α(あるふぁ)マウント」とも呼ばれる)。APS-C用の「DT」レンズと、35mmフルサイズのイメージサークルをカバーするレンズ(無印)があります。焦点距離は35mm判換算で約1.5倍になります。フランジバックは44.5mm、マウント径は50mmです。Aマウントのオートフォーカスは、ボディ内モーター方式とレンズ内モーター方式の2種類があり、現在ではレンズ内モーター方式が主流です。もともと「α(アルファ)」はミノルタが開発したもので、その後にソニーに引き継がれました。1985年2月に発売されたミノルタ「α-7000」のレンズキット「AF ZOOM 35-70mm F4」が初代のレンズです。

単焦点レンズ
ズームレンズ
過去モデル
レンズ名 焦点距離(ワイド) 焦点距離(テレ) 絞り タイプ 最大径 長さ 重さ メーカー 発売日
DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855/B 18mm 55mm F3.5 ズーム 69.5mm 69mm 210g ソニー 2012年05月
DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855 18mm 55mm F3.5 ズーム 69.5mm 69mm 210g ソニー 2012年05月
DT 55-200mm F4-5.6 SAL55200 55mm 200mm F4 ズーム 71.5mm 85mm 295g ソニー 2007年11月

※黒枠は現行品、白枠は旧製品・生産完了品です。メーカー公表とは異なる場合があります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ソニーAマウント系レンズ(APS-C)製品一覧

売れ筋ランキング